ホーム > 関節 > 関節痛の原因と、その対策について

関節痛の原因と、その対策について

年齢を重ねると体の節々が痛くなることも多くなると思います。長時間同じ姿勢でいたり、たくさん歩いたりした後、また特に寒い時期なんかは痛みを感じやすいのではないでしょうか?  その関節痛の原因ですが、変形性関節症と関節性リウマチが主な物と言われています。変形性関節症とは、関節の老化現象ですね。年を取って、関節の軟骨がすり減って痛むそうです。リウマチの方は30〜50代女性に多く、痛みの他微熱やだるさが出たりするそうです。特に何もしてないのに痛む場合はリウマチの可能性を疑ってください。また、スポーツをすることによって発症することもあるそうです。これを抑えるには入念なストレッチを行ってください。因みに四十肩なども関節痛に含まれるそうですよ。化膿性関節炎という物もあり、血液やケガなど傷口から黴菌が入ることにより発症するそうで、進行すると関節が破壊され、障害が残る可能性もでるそうです。  放置していても、いずれ収まりますが、なかなか治らない時や、何度もぶり返す場合、また、原因がわからない関節痛の場合は医師に相談してください。症状によって適切な治療を施してもらえます。そして、その前に自衛として太り過ぎないこと、そして適度に運動すること、その時には入念に準備運動をすることなどを実践してください。それだけでも違ってくると思いますよ。

サントリーのグルコサミン&コンドロイチンの評判・口コミ!効果、副作用、成分は?